サーマクールの効果を長持ちさせる方法とは

美容施術は、施術の内容によって効果の持続期間が異なりますが、しわやたるみを取り除くサーマクールは6カ月ほど続きます。
6ヶ月以上がたつと、だんだんと元通りのシワたるみが目につくようになり、肌が元通りになります。
施術に必要なお金は10万円くらいですので、年に2回を常に継続するとなると、費用が高すぎて受けられないという人もいます。
それなら、できるだけ効果を長持ちさせるために、自分で出来ることを考えてみましょう。
お肌の真皮層ではコラーゲンが生成され、乾燥予防を担っています。
このコラーゲン生成を助けるために、サーマクールは高周波をかけます。
サーマクールは専用器機を使わなければ施術を行うことはできませんが、効果が長期にわたって続くようにするにはコツがあります。
保湿成分であるコラーゲンが増加するように、皮膚に熱を集めるサーマクールの仕組みを活用したスキンケアをします。
しみやしわは皮膚表面が冷えることでもできやすくなりますので、ホットタオルで皮膚を温め、マッサージを施します。
皮膚の奥にまでコラーゲンが届くように化粧品にはコラーゲンが含まれているタイプを使ったり、サプリメントを飲む人もいます。
こうした日頃のスキンケアによって、サーマクールの持続効果を長くすることが可能です。
おおもとになるお肌の状態がよりよいものであれば、2度目、3度目のサーマクールの効果時間もだんだんと長くなってきくでしょう。
サーマクールは、どんなに長くても1年で効果が切れてしまうといいますので、家庭でのケアもきちんと行うようにするといいでしょう。