リバウンドで体重が増える原因

ダイエットを行う時に注意すべきこととして、リバウンドによる体重増加があります。

ダイエットをする時には、どうしリバウンドが発生するものなのかを認識した上で、体重を管理することが大切なポイントになります。

そもそもリバウンドがあるのは、人間の体を常に一定の状態に保つためにホメオスタシスという働きが備わっているためです。

食事制限によるダイエットを行った時に、ダイエットを始めた頃は順調に体重が減ったのにある時期からなかなか体重が減らなくなったという経験をしたことがある人は多いと思います。

食べ物の供給がとまれば、人間の体は飢えて死ぬようなことがないように、エネルギーの消費を抑えるようになります。

停滞期は、ダイエットをした人なら当たり前のように知っている言葉ですが、リバウンドとは意味が異なります。

ホメオスタシスとは、外気温や食事量など、外部からもたらされるものが変わっても、体温や血圧を一定に保ち、身体のコンディションを維持する機能です。

ホメオスタシスが働くと、エネルギーを使う機能が抑制されますので、体重が減少しづらい体質になります。

ダイエットに挫折する理由は様々ですが、中には期待したほどの効果が得られなかったという人もいます。

停滞期のせいでやる気が失せたという人もいます。

ダイエットを中断した場合でもホメオスタシス機能は働き続けるので、体はエネルギー消費量が少なくなった状態のままです。

代謝を下げて、エネルギーを燃えづらくしていたときに、ダイエット以前と同様の献立で食事が出たら、リバウンドが発生しやすくなってしまいます。

リバウンドが起きると減った体重が戻るのは、身体の諸機能が体を守りたいがために起こす反応であるためです。