身内の方が亡くなってはじめて喪主を務める場合

1葬式の流れとマナー一般的な葬儀の場合小さなお葬式のコラムマイページご相談お問い合わせよくある質問
2身内の方が亡くなってはじめて喪主を務める場合いったい何から手を付けていいかわから
3それはやってきます家族や配偶者が亡くなった場合気持ちが不安定な状態であっても故人
4が一部地域や宗教の違いで該当しない場合もありますがおおよそこの通りに進んで
5逝去した故人を仏教の葬儀で見送る場合の流れと手続きを紹介しますお通夜告別式
6ので注意が必要です葬儀社が決まっている場合や何社か確認をしたい場合に
7を付けておきましょうお墓がない場合には後検討が必要になりますので
8いる人の関心は本当はその前段階の場合が多いのではないでしょうか万が一
9でも行います葬儀が友引にあたってしまう場合には1日ずらして一日目を仮通夜
10して見送りますその後通夜振る舞いが行われる場合はそちらの会場へ移動します一般的
11いしょくを行います搬送病院で死亡した場合病院から安置場所へ遺体を搬送する必要
12このページでは喪主の立場になった場合に何をするのかという段取りや葬儀
13で行って葬儀告別式は斎場などで行う場合には当日の午前中に設営が必要に
14葬儀までの段取り身近な方が亡くなった場合葬儀を行うために準備を始めなければ
16通夜葬式を行う場合のお亡くなりになってから葬儀までの
17家族など誰かが病院で臨終を迎えた場合のその直前後から対処すべき葬儀に
19できません葬儀が友引にあたってしまう場合には一日目を仮通夜とするか早朝
20おきますお知らせ文書の用意参列をお断りする場合その旨の文章等を用意しておき
1親族が集まっているこのタイミングで次回の法要の日程を調整しておくと良いでしょ
2火葬骨上げ8北海道の多くは還骨法要繰り上げ法要などがあります葬儀場での
3葬儀会社に確認して入ってなければ法要専門の料理店などに連絡をして注文
4においては火葬場から戻った後に行う初七日法要の際に僧侶や世話役などの労を
6指示に従って収骨しますStep12へ初七日法要大阪の葬儀ならお骨上げを終え再度
9のページに戻る1亡くなってからお通夜葬儀法要までの流れと葬儀の流れ2お布施の
10故人をお送りするための大切な時間法事法要の一つですそのため通夜や葬式葬儀告別式は
11集まり焼骨を骨壷に納めます還骨法要骨壷を自宅に持ち帰り後飾り壇を設置します
12宗教法人で本山に属しておりお葬式後の法要なども引き続きお願いできる寺院をご紹介いたし
14です地域によっては精進落としの前に還骨法要繰り上げの初七日法要を行うところもあります
16後僧侶による読経焼香をします還骨法要部屋を移し喪主の挨拶で精進落としを始め
19流れ死亡宣告お通夜死亡届葬儀告別式火葬還骨法要2初七日から年忌法要まで初七日四十九日忌明け納骨
20後お骨上げをします当日に初七日法要を行う繰上げ初七日ケースがほとんどです火葬後
1いきますご逝去日午前午後お亡くなり搬送安置2日目午前午後納棺通夜3日目午前葬儀告別式出棺
2に下記のようなものです1遺体の安置場所と葬儀会社を決定し葬儀会社に
3で前後する場合があります基本的には安置されてからお通夜の前までにおこない
4事になります5ご遺体のお迎えと安置場所の準備法律では逝去後24時間の
5から死亡診断書を受け取り葬儀社に連絡します3安置場所への搬送自宅もしくは専用の安置施設
6ますStep3へ家に着きご遺体を安置檀家なら寺にもお家に到着して
7労力は軽減されやすい便利さ個室の安置室式場親族一般宗教者などの控室や
8の1社に依頼する方向に搬送ご安置紹介社の担当者と直接電話での
9へのお礼と精算を行なう5遺体の安置場所を確保し布団を用意する自宅の
11搬送する必要があります自宅や専用の安置施設への搬送は葬儀社が行います遺体
12は大切なことです故人さまの搬送と安置搬送病院や施設で亡くなられた場合ご
13たいのが服装に関するマナーです通夜には安置してすぐに行われる仮通夜と僧侶を
16長時間預かってもらうことはできませんそのため安置する場所自宅葬儀社の安置室などを決め
20ます医師から死亡診断書を受け取りますご遺体の安置訃報納棺までご遺体を安置しますご
1搬送安置2日目午前午後納棺通夜3日目午前葬儀告別式出棺午後火葬精進落とし実際にその時になれ
4は遺族が故人のご冥福を祈る儀式告別式は死者との最後のお別れをする
5逝去の後お通夜を行い翌日には葬儀告別式火葬をして故人の遺骨をお墓
6Step8へ葬儀告別式普通1時間そして葬儀告別式です葬儀社の進行手順に従って進めていきます
8な打ち合わせ45日後ご葬儀舟渡斎場にて通夜告別式火葬は戸田葬祭場この実際例は2014年後半に
9を終えて火葬まで死亡宣告死亡届お通夜葬儀告別式火葬還骨法要2初七日から年忌法要まで
10法事法要の一つですそのため通夜や葬式葬儀告別式は事前にきちんとスタッフと時間などの打ち合わせ
11は葬儀社が段取りを整え進行します葬儀告別式故人との最期の時間を過ごす大切な
12ご参列者はここで帰宅となります告別式の打ち合わせ棺守りと宿泊ご参列者が
13死者を弔う葬儀と故人に別れを告げる告別式は本来は別の儀式ですもともと葬儀は
14提供しております火葬のみ税込139800円告別式のみ税込337800円お通夜と告別式税込487800円
16するケースも増えてきています葬儀告別式葬儀の挨拶文を考えた上関係者
19て火葬までの流れ死亡宣告お通夜死亡届葬儀告別式火葬還骨法要2初七日から年忌法要まで
20は案内看板などを設置します葬儀式告別式出棺葬儀告別式は通常1時間程度で行われ
1遺体搬送サービスお葬式の生前契約お葬式の寺院手配お葬式の早割選べるお支払い方法地域から
2をつけていくことになります必要な手配や準備は一般的に下記のようなもの
3分からないときには葬儀社に相談すれば手配してくれます菩提寺が遠方の場合は
4への連絡葬儀社を決めて連絡し寝台車の手配をします注意点として民間病院だと寝台車
6をしますお寺がない場合は葬儀社が手配します遺影写真となる写真を手渡すいい
8やらなければならいと思う葬儀の段取りや手配のことを考えただけで不安になる
9わからない場合は葬儀社に依頼すればすべて手配をしてくれる遺影故人の人柄が伝わる
121本ですぐにお伺いし迅速に手配をいたします病院施設を出発する前に
14ようにしましょう供花返礼品などの手配次に祭壇の周りを飾る供花や返礼
16葬儀社の安置室などを決めて寝台車を手配する必要があります病院から紹介され
19ます病院先で亡くなった場合は寝台車の手配は病院で紹介してもらえますが割高
1午後納棺通夜3日目午前葬儀告別式出棺午後火葬精進落とし実際にその時になれば葬儀担当者
4関係者への連絡喪服の準備供花供物精進落としの手配などを行うことになります精進落とし
10行いますその後繰り上げ初七日初七日法要が行われ精進落としの会食を行います繰り上げ初七日初七日法要精進落とし
11や参列者は控え室で待ちますその間に精進落としと呼ばれる告別式料理を囲み故人を偲ぶ
12し火葬場から戻ったあとの還骨法要精進落としの準備をします後飾り祭壇とは
14納めたら葬儀会場や自宅に戻りますその後精進落としを行うのが一般的です精進落としとは葬儀
16還骨法要部屋を移し喪主の挨拶で精進落としを始めますお礼の意を込めて喪主
20日を含めて7日目に行う初七日法要と精進落としを火葬後火葬中に行います忌明け法要
5か葬儀社に伝えます4安置葬儀社との打ち合わせの日時を決め遺影にする写真を探し
8した概算見積書をもとに詳細な打ち合わせ45日後ご葬儀舟渡斎場にて通夜告別式火葬
9に頼むと葬儀日程なども寺と段取り打ち合わせをしてくれる枕経に備え数珠を用意
10告別式は事前にきちんとスタッフと時間などの打ち合わせをして段取りを行っておくことが
11布団やベッドを整えます家族内での打ち合わせ葬儀の喪主を決め葬儀の予算や家族
12ケースも増えているようです葬儀社との打ち合わせ葬儀内容の詳細を打合せします主な
13車の分乗方法などは事前に把握し打ち合わせをしておいてスムーズに行うことが
14ましょう同時に開始時間についても葬儀社と打ち合わせをしましょう招待者を決め連絡する
16僧侶との葬儀の進め方や戒名などについて打ち合わせをします必要があれば身内近所や
20お知らせします枕飾り葬儀の打合せ葬儀社と打ち合わせを行い祭壇などの様式やお花棺など
1通夜式開始20分前には喪主遺族は着席をします参列者からお悔やみの言葉を
3ますお通夜の流れ弔問客の受け入れ開始受付着席住職が来る開式経を読む読経僧侶
9弔問客を受け入れる準備をします受付開始着席僧侶到着入場開式読経僧侶退場閉式お通夜
10してスタッフとの打ち合わせを済ませ会場に着席しておきます開始時間が近づくと参列
12控え室か式場に案内します式場内ご着席喪主さまご遺族は式の15分
13や段取りが必要です一同着席僧侶入場開式遺族参列者は定刻前に着席します一般的に祭壇に向かい右側に遺族親族
14段取りは以下の通りです弔問客を迎え着席する通夜式が始まる30分前ぐらいから弔問
16ます式開始10分前までには式場に着席をし全員合掌礼拝で僧侶を迎えます司会者
1にも葬儀に関する情報を発信中詳しくはこちら小さなお葬式トップ小さなお葬式とは他社とは
4基礎年金が貰えます遺族年金などの詳しい内容はこちらのサイトが詳しく解説していますので
8相談に行くのは気がすすまなないこちらの不安や無知につけこまれて足元を
10などが集まって会食するのが精進落としですこちらも本来ならば四十九日の法事法要後に
12いたします檀家になる必要はありませんくわしくはこちらのページをご覧ください納棺ご遺体を浄め
13火葬当日の準備対応について知りたい方はこちら出棺の流れお別れの儀別れ花釘
14葬儀の段取りについて更に詳しく知りたい方はこちらも合わせてご覧くださいこちらも読まれて
17ネット0120-02-6066スマートフォンの方はこちらにご連絡ください病院からのご遺体搬送
1します全体の所要時間は喪主が会場に到着してから通夜式終了まで23時間程です
4方はお通夜開始の2時間前には会場に到着しておいた方が良いでしょう到着
6遺体の処置をされますのでその頃に到着させます民間病院だと寝台車の要請が
9を受け入れる準備をします受付開始着席僧侶到着入場開式読経僧侶退場閉式お通夜ぶるまい
12搬送の手配ができましたら搬送車が到着するまでに病院へのお礼と精算私物
13係は開式の1時間前には会場に到着していたいところですそして同じ係を
14ましょう火葬の段取りここでは火葬場に到着してからの火葬場での段取りについて解説
19死亡通知が届く時間遠方の参列者の到着時間僧侶や火葬場の都合を考えて決める
4電報で親戚に臨終を知らせますこのとき通知もれがないようにしましょうまた密葬
6名前だけですStep5へ近親者会社への通知一段落してお身内の方なら病院から
9示す場合もある礼状のページへ30死亡通知故人の友人で葬儀を知らせなかった方
11納棺士にメイクを依頼しましょう死亡通知死亡の通知葬儀の日程場所を親族や
12のでご安心ください関係者への連絡訃報通知を作成し連絡をします親族友人知人
16もしくはお礼状を送付をしますその後死亡通知や喪中ハガキ香典返し葬儀費用の支払い形見分けなどを
19日程を決めましょう葬儀の日程は死亡通知が届く時間遠方の参列者の到着時間
20に参列をご遠慮した方に死亡通知を出す場合には故人の遺志であっ
4葬儀の段取り等の打合せをします規模形式場所予算日程宗教者斎場火葬場の確保など
9死亡届が同じ一枚の用紙に記載できる形式になっているものもある死亡届の内容
11葬儀社との打ち合わせ葬儀社と葬儀の規模形式など葬儀の内容を具体的に決める打ち合わせを
12な決定事項は以下になります葬儀の形式を確認する宗旨宗派など信仰やしきたりに
13亡くなりから目安葬儀は状況や行う葬儀の形式によって流れに違いがありますいままでの
14決めるようにしましょう葬儀の費用規模形式を決める次に葬儀の費用規模形式を
16ましょう故人の遺志をベースに葬儀宗教形式規模費用について話し合いましょう菩提寺がある場合
19お寺にある場合や菩提寺があるときまった形式があるので必ず菩提寺に確認しておく
20するお別れの儀式で現在は2つを兼ねた形式となっています参列者には会葬
5ち合わせ葬儀社と葬儀の費用場所日時スタイルを決め参列者に連絡します6納棺
10ままで焼香台焼香炉を回していくスタイルの場合もあります司会者が閉式を告げ
11葬宇宙葬お別れ会葬儀社の選び方チェックシート宗教別葬儀スタイル仏教の葬儀キリスト教の葬儀神道の葬儀イスラーム
13ですただ現代では葬儀の当日に渡すスタイルが増えていますさらに葬儀のスタイルや
19葬儀もありますが今回は一般的に多いスタイルとします1日目死亡当日納棺2日目翌日通夜
1おきたいことをまとめています参考記事浄土真宗の葬儀真言宗密教の葬儀浄土宗の葬儀曹洞宗
4が良いかと思います香典香典返しの準備浄土真宗御仏前神式御玉串料キリスト教献花料中陰忌中
6灯します魔除けの守り刀を置きますが浄土真宗の場合は用いません浄土真宗の葬儀で
9文例と手配一般参列者による焼香閉式浄土宗浄土真宗真言宗等宗派によって詳細は異なります上記は
13による読経が始まります宗派によって異なりますが浄土真宗浄土宗で40分真言宗曹洞宗臨済宗日蓮宗の場合は
17が順番に行いますただし在来仏教でも浄土真宗の宗旨では末期の水はしないことと
1提携している業者にエンゼルケア死後の処置を行ってもらいます遺族は葬儀社に連絡
6要請しますおおよそ1時間位はご遺体の処置をされますのでその頃に到着させ
11いないのかを確認しましょう遺体処置と納棺故人を棺に納めます髪を
16してくれるので指示に従います看護師が遺体の処置をした後お着替えがありますので
17くれるエンゼルケアは遺体の腐敗を防止する処置を施し衛生的に保存できるようにするエンバーミング
5だけの家族葬で送るのか会社関係や近所の方なども呼ぶ一般葬で送るの
9のかを決める11友人知人職場学校ご近所などにお通夜と葬儀日程の連絡をする
11少人数で参列者30人まで-友人知人ご近所の方と参列者100人まで-企業法人
14故人を見送りたいというものですその為ご近所の方や会社関係の方などは訃報
16について打ち合わせをします必要があれば身内近所や会社関係者にお手伝いを依頼しましょ
20ことから家族葬でおこなうことを親戚や隣近所に伝え理解を得ておきますお知らせ文書
3ますまずは自分自身が喪主や葬儀のことを理解していざという時のために心がまえを備え
7に求められます安置する場所による違いを理解した上で選択し心のこりが起きない
8ではないかなどですまず第一に理解しておいたほうがいいのは現状
9知識として死亡してから年忌法要までを理解しましょう下記に葬儀の流れ葬儀の
20辞退するかも話しあっておきましょう理解を得る上記家族葬の範囲についてにもあるよう
1恥をかかない焼香のやり方お葬式での数珠の使い方と宗派ごとの数珠の種類閉式
3てください6枕経住職により枕経が行われる数珠を用意することを忘れずに枕経の
4の順に焼香を行います線香の手順数珠は左手に持ち房ふさの部分が下
9と段取り打ち合わせをしてくれる枕経に備え数珠を用意しておく8枕経僧侶により枕経
12この際遺族は平服でも構いませんが数珠は用意しておきましょうもし寺院と
14神職が神式葬儀を執り行います神式では数珠線香は使いません通夜振る舞いや御玉串料
神式ではお墓には檀家がなくやめる人もいない