リバウンドで体重が戻らないようにする為には

リバウンドによって体重が増える要因のひとつとして考えられるのは、満腹中枢の仕組みをよく理解していないことです。

満腹感は、たくさんものを食べた時に感じる感触です。

胃の内容物がいっぱいになってもう入らない時を知るものです。

どのタイミングで満腹感を得るかを知っておくと、ダイエットの直後にリバウンドが起きる現象を抑制することが可能になると言われています。

ダイエットをしていると、本人は気づかないうちに満腹感の感じ方に変化が出てくることがよくあります。

体の中には、脂肪脂肪に脂肪が吸収されると分泌され脳の満腹中枢を刺激するレプチンという物質があります。

ダイエットで食事量を減らすとこのレプチンの量も減っていき、結果として満腹感を感じにくくなってしまいます。

そしてこの減ったレプチンが元に戻るには約1か月程度はかかるといわれています。

レプチンが少ないと、満腹を感じるまでたくさん食べないといけなくなりますので、リバウンドしてしまうのです。

レプチンが少ない状態で、ダイエット前までと同じような食事を摂ると、摂りすぎたカロリーを燃やして使いきれないほどになってしまうという人も多いようです。

同じ満腹感であっても明らかに以前よりもたくさんの食事を摂っていることになり、リバウンドしてしまう原因になります。

この期間は停滞期とほぼ重なるので、体重の減少が止まってからも引き続き食事制限をしないとリバウンドをしてしまうということになります。

リバウンドを防ぐには、体重の減少にばかり気を取られるのではなく、体内で何が起こっているのか理解しておくことが重要です。